ブナ林散歩道で暗門の滝を目指す ぐるっと白神山地の旅 その3

スポンサーリンク

10月16日。
アクアグリーンビレッジANMONから白神山地へと入り、暗門の滝へと向かう、暗門の滝歩道及びブナ林散歩道トレッキングを開始します。
遊歩道のスタート地点横には暗門川が流れています。

前回岩木山の写真を掲載しましたが、その際見えていた川がこの川です。
この時点では暗門川と名付けられており、下流になると岩木川と名前を変えます。

こちらがトレッキングコースの入り口です。

ここからゴール地点の第一の滝まで往復で約2時間30分のコースタイムです。
この時点で時間は12時でした。
2時間半かかるといいうことは、戻ってきて14:30。
どんなに遅くとも15:00くらいでしょうか。
帰りのバスは16:20発なので、歩いた後にアクアグリーンビレッジANMONの温泉施設で汗を流す時間は十分にありそうです。
それでは、若干木々の色が変わりつつある白神山地へと入っていくことにしましょう!
と思ったら、、、

いきなり落石のため通行禁止。
暗門の滝へは暗門川沿いを進むコースとブナ林の中を通って行くコースの2種類があり、川沿いのコースが通行止めになっていました。
仕方がないのでブナ林を通って行くという選択肢を選ぶしかありません。
途中で林コースと川コースは合流し、そこからは川沿いを進むことになります。
それまでは川とは離れてブナ林を楽しむことにしましょう。
でも残念がることは全くありません。
このブナ林が最高に気持いいのですよ。

夏ならば眩いばかりの緑色に包まれたこの森も、紅葉の始めということもあって柔らかな緑に変わっていました。
この色合いも目に優しくて僕は好きです。

地面に目を落とすと、人の顔よりも大きな落ち葉が。

まだ緑の大きな葉っぱももちろんあります。

暗門川に注がれる小さな小川もあります。

木々の隙間から降り注ぐ太陽の光もあり、どこまでもどこまでも気持ちのいい森でした。

次回に続きます。

ぐるっと白神山地の旅まとめ
寝台特急あけぼので弘前へ ぐるっと白神山地の旅 その1
白神山地への入り口であるアクアグリーンビレッジANMONへ ぐるっと白神山地の旅 その2
ブナ林散歩道で暗門の滝を目指す ぐるっと白神山地の旅 その3←今ここ
暗門川沿いの控えめな紅葉を楽しみつつ歩く ぐるっと白神山地の旅 その4
3つの暗門の滝を征服する ぐるっと白神山地の旅 その5
白神山地から下山し弘前駅前のトレインビューホテルに宿泊する ぐるっと白神山地の旅 その6
快晴の空の下、リゾートしらかみ2号に乗車する ぐるっと白神山地の旅 その7
千畳敷でリゾートしらかみを撮影する ぐるっと白神山地の旅 その8
千畳敷からウェスパ椿山まで五能線に乗車する ぐるっと白神山地の旅 その9
ウェスパ椿山でリゾートしらかみなどの五能線を撮影する ぐるっと白神山地の旅 その10
メルヘンワールド全開のウェスパ椿山 ぐるっと白神山地の旅 その11
ウェスパ椿山のオーシャンビューコテージに宿泊する ぐるっと白神山地の旅 その12
ウェスパ椿山駅で五能線の始発列車を撮影する ぐるっと白神山地の旅 その13
温泉と朝食でウェスパ椿山での爽やかな朝 ぐるっと白神山地の旅 その14
青の神秘、十二湖の青池を訪問する ぐるっと白神山地の旅 その15
ブナの森の奥地にある蒼の世界、沸壷の池へ ぐるっと白神山地の旅 その16
リゾートしらかみのボックスシートに初乗車する ぐるっと白神山地の旅 その17
忠犬ハチ公の故郷、大館へ ぐるっと白神山地の旅 その18
花輪線に乗車し東北地方のJRを完乗する ぐるっと白神山地の旅 その19

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録