蔵の街遊歩道を歩いて栃木の町の魅力を探してみる 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その2

スポンサーリンク

1月6日。
東武鉄道で北千住から栃木駅にやってきました。
散歩を始めると水路沿いの蔵の街遊歩道に出ました。
ここからが本格的に栃木の町を堪能できる道ということになります。
ぱっと見たところ水路は2本ありまして、そのうちの一本はこんな風に凍りついていました。

ここまで完全に凍った水路は東京23区内ではほとんど見ることがないので、かなりびっくりです。
栃木について無茶苦茶寒いと思ったのですが、それも気のせいなのではなく、これほど凍るくらいの気温の低さなんだとうことを実感させられました。

もう一本の方は観光用に整備されているものなのか、散歩道の入り口にはお湯が出ていて水路が凍らないようにしてあるようでした。

写真では伝わらないでしょうが、これお湯なんですよ。
それではこの水路沿いの道をてくてくと歩いていくことにします。

この時点でまだ9時過ぎだったので道沿いのお店はまだ開店準備をのんびりとしている状態でした。
このお店のポップがなかなか斬新です。

こんな黒塗りの壁があったり、

モダンな雰囲気の病院があったり、

水路がかつては生活に密着していたであろう痕跡もあったりしました。

しばらく歩を進めていくとこんな風景に出会います。

これこそ栃木が蔵の街と言われる所以でしょうね。
これこそが僕がイメージしていた栃木の町の風景です。
この辺りで舟で水路巡りをできるのですが、まださすがに時間が早すぎたのか営業が始まっていませんでした。
11時からだそうですよ。

栃木の散歩は次回にも続きます。

東武鉄道で行く栃木群馬の旅まとめ
東武鉄道を使った栃木と群馬の旅に出ることにする 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その1
蔵の街遊歩道を歩いて栃木の町の魅力を探してみる 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その2←今ここ
栃木の町の水路沿いには魅力的な建物がいっぱい 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その3
栃木の町の表通りと裏通り 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その4
栃木の町中で井戸ポンプを発見する 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その5
大正ロマン溢れる栃木の町中建築物 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その6
栃木県佐野市の佐野ラーメンを食す 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その7
群馬県の館林城跡付近を散策する 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その8
群馬県館林市の旧上毛モスリン事務所と田山花袋旧居 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その9
群馬県の館林路地裏散歩 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その10
群馬県の館林に残る花街の残滓と井戸ポンプ 東武鉄道で行く栃木群馬の旅 その11

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録