北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4

スポンサーリンク

さて、寝台特急北斗星に乗車する際の一番の楽しみと言えばやはり食堂車でしょう。
上野発札幌行きの北斗星の場合、19:45から21:05までは予約制のディナーの時間です。
フランス料理コースは7800円、懐石御前が5500円と高価なので今回はパス。
ディナータイム終了後にパブタイムとして、予約なしで誰でも自由に食堂車が利用できる時間を待つことにします。
食堂車の入り口には年季が入ったこんなプレートがかかっています。

GRAND CHARIOT(グラン・シャリオ)というのこの食堂車の名前ですね。
では長年憧れ続けた食堂車へと入っていくことにしましょう。
座席に着くと目の前にはメニューが用意されています。

車体はかなり古いものですが、食堂車内は美しく整備されていて豪華な雰囲気が出ていましたよ。
テーブルにのっているライトの光もなかなかいいです。
パブタイムのメニューは数そのものは少ないけれども、お値段はお手ごろ価格でした。
僕が注文したのはビーフカレーで1200円です。
注文してから料理が出てくるまではかなり時間がかかるので、その間に食堂車内にある物販コーナーでも眺めてみるといいでしょう。

ここにあるものは車内販売でまわってくるので、個室内で待っていても購入することができますよ。
北斗星グッズ、おみやげ、駅弁、お菓子などがあるので、食堂車で食事をしなくても夜御飯と朝御飯はなんとかなりそうな気もしますが、売り切れる可能性もあるので食堂車利用をしない方は乗車前に色々買っておくほうがいいと思いました。

さてさて、待つこと十数分、いよいよビーフカレーが出てきました。

干しぶどうがのったご飯、カレー、サラダの3点が出てきました。
これがまた美味い!
確かにかなり揺れて店員さんはものすごく大変そうだけど、移動しつつ、車窓に流れるかすかな光を見ながら食べる食事は本当に美味しく感じました。
北斗星に乗ったならばぜひとも体験してもらいたいのがこの食堂車ですね。
ただ、21:30頃にならないとパブタイムにならないので、それまで我慢しなくちゃいけないというのがちょっとつらいかも。

21:52頃、郡山駅着。

ホーム上にいる人からの視線に憧れが含まれて入るような気がして、何となく誇らしい時間を過ごすことができました。

23:30、仙台発。
これから青森信号場でこれまで寝台客車を牽引してきたEF81から青函トンネル用のED79に付け替えられるのですが、もう眠たさの限界なのでここで眠ることにします。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4←今ここ
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録