小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7

スポンサーリンク

それでは小樽散策へと行くことにしましょう。
まず最初に向かったの先は旧手宮線の廃線跡です。
旧手宮線とは南小樽から、小樽の港のそばにある手宮駅を結んだ貨物路線です。
昭和60年(1985年)に廃止されたのですが、現在ではその大部分が遊歩道として活用されています。

線路脇には花壇やベンチが設けられて、近隣住民の憩いの場ともなっているようでした。
僕が訪れた7月25日には小樽ガラス市がこの手宮線跡で開催されていて、風鈴をはじめとするガラス製品が多数展示されていました。

沿線にはまだ木造家屋がたくさん残っているので、ものすごく絵になっていましたよ。

あいにくの雨だったのですが、たくさんの人々が出店に出ているガラス製品を手にとっていました。
風鈴だけではなく、このようなガラス玉も展示されていましたよ。

廃線跡をこのようなイベントスペースとして活用するというのもなかなかいいアイデアだと思います。

また、駅前の大通りから港にかけては第43回おたる潮まつりも開催されていました。

高校生から高齢の方までたくさんの団体が同じ曲に合わせて踊りながらパレードのようなものをしていました。
食べ物やさんなどの屋台もたくさん出ていました。

偶然にも2つのお祭りがあったせいなのか、この日の小樽はものすごい人出で活気に溢れていました。

小樽散策はまだまだ続きます。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7←今ここ
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。


スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です