越ノ潟フェリーと如意の渡しで船旅気分を味わう 秋の北陸旅行 その11

スポンサーリンク

秋の北陸旅行の3日目は、路面電車の万葉線で高岡駅前から終点の越ノ潟にやってきました。

この越ノ潟は下の地図にある通り富山新港の入り口にあります。


大きな地図で見る

対岸に渡るには陸地をぐるっと回らなくてもよく、ここには渡し舟があるのです。

それが越の潟発着場から対岸の堀岡発着場を結ぶ富山県営渡舟、通称越ノ潟フェリーなのです。

なんと無料で乗船できてしまうのです。

人だけでなく、自転車やバイクも乗せることができるようで、この日もたくさんの人が自転車を持ち込んでいました。

船からは富山新港に停泊中の大型船や工場などを見ることができます。

たったの5分という乗船時間ですが、船上で気持ちのいい風に吹かれて船旅気分を味わうことができます。

しかし富山新港の入り口には現在建設中の橋がありました。

この橋が完成すると越ノ潟フェリーもなくなってしまうのですかねえ。

フェリーを堪能した後は再び万葉線に乗り中伏木に向かいます。

今回乗った車両はコカコーラカー。

車内はなんとも懐かしい匂いがしてアイトラムとのギャップが楽しい感じです。

さて、中伏木の駅を降りてすぐのところには如意の渡があります。

如意の渡とは高岡市伏木と射水市の中伏木を結ぶ渡し船です。


大きな地図で見る

この渡し船を使えば万葉船からJR氷見線に接続できるというわけです。

景色は越ノ潟フェリーの方がいい感じだけど、小さな船でおじさんが気さくに話しかけてくれるアットホームな感じがしました。

通常200円の運賃がかかるのですが、万葉線の1日フリー乗車券を持っていれば無料で乗船することができます。

中伏木から対岸まで渡ってくるとJR氷見線の伏木駅はすぐ近くにあります。

ここからは万葉線を離れ、伏木駅から氷見駅に向かい、忍者ハットリくん列車に乗って高岡駅へと戻ってきました。

これで午前中の予定が終了で、午後は富山駅へと移動して富山市内観光となります。

秋の北陸旅行まとめ
グリーン車用北陸フリーきっぷを使って優雅に金沢へ 秋の北陸旅行 その1
江戸時代の雰囲気が残るひがし茶屋街 秋の北陸旅行 その2
ひがし茶屋街休憩館の井戸 秋の北陸旅行 その3
兼六園と長町武家屋敷跡 秋の北陸旅行 その4
紅葉が美しい岐阜県の白川郷へ 秋の北陸旅行 その5

高岡と城端を結ぶ城端線乗車記 秋の北陸旅行 その6
城端ぶらり町歩き 秋の北陸旅行 その7
工業地帯から海へと続く氷見線乗車記 秋の北陸旅行 その8
高岡ステーションデパートがシンポルのJR北陸本線高岡駅 秋の北陸旅行 その9
路面電車の万葉線で高岡駅前から越の潟へ 秋の北陸旅行 その10
越ノ潟フェリーと如意の渡しで船旅気分を味わう 秋の北陸旅行 その11←今ここ
市内電車、富山ライトレールという2つの路面電車が走る富山市内 秋の北陸旅行 その12
富山ライトレールの終着駅、岩瀬浜周辺散策 秋の北陸旅行 その13
昭和のまま時が止まってしまったような富山シネマ食堂街 秋の北陸旅行 その14
高山本線富山ー猪谷間乗車記 秋の北陸旅行 その15
高山本線猪谷駅周辺の遺構と廃墟 秋の北陸旅行 その16

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録