市内電車、富山ライトレールという2つの路面電車が走る富山市内 秋の北陸旅行 その12

スポンサーリンク

秋の北陸旅行3日目の午前中は金沢から高岡に移動して万葉線を中心として見て回りました。

午後は高岡から富山に特急北越で移動してきました。

まずは路面電車の富山地方鉄道富山市内軌道線、通称市内電車に乗ってこの日の宿泊場所に向かいます。

市内電車の乗り場は富山駅を出てすぐのところにあります。

上の写真を見てわかるようにホームは狭く、そして低いのです。

都電のように屋根があってはっきりと電停とわかるわけではないので、つい見逃してしまわないよう気をつけました。

この市内電車は1回の乗車は200円均一で、さらに1日フリー切符もあります。

市内電車とバスの270円区間及び富山地鉄の一部区間が利用できる600円のものと、富山ライトレールも合わせて乗ることができる800円の「富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ」があります。

今回はライトレールにも乗りに行くので800円のフリー乗車券を購入しました。

市内電車に乗ったときに運転士さんに言えば購入することができます。

さて、この日の宿泊地はドーミーイン富山

金沢ではドーミーイン金沢に宿泊したので今回はドーミーインな北陸旅行になりました。

個人的な感想としては富山よりドーミーン金沢の方がお風呂も食事もよかったと思います。

ホテルにチェックインした後は市内電車で再び富山駅へと向かいました。

JR富山駅の北口改札を出てすぐのところに富山市内にあるもう一つの路面電車、富山ライトレールの富山駅北電停があります。

この富山レイトレールは廃止されたJR富山港線を引き継いでできた第三セクターによる鉄道事業で、富山駅北から奥田中学校前の1.1kmが新しく路面電車化され、奥田中学校前から終点の岩瀬浜の6.5kmはこれまでの富山港線の路線を引き継いでいます。

従って、路面電車と言っても一部区間のみということになります。

しかし、この平成の時代に新しく路面電車が作られたという意義は大きいでしょう。

富山ライトレール株式会社

次回はこのライトレールに乗って終点の岩瀬浜へ行き、その周辺についてのレポートをします。

秋の北陸旅行まとめ
グリーン車用北陸フリーきっぷを使って優雅に金沢へ 秋の北陸旅行 その1
江戸時代の雰囲気が残るひがし茶屋街 秋の北陸旅行 その2
ひがし茶屋街休憩館の井戸 秋の北陸旅行 その3
兼六園と長町武家屋敷跡 秋の北陸旅行 その4
紅葉が美しい岐阜県の白川郷へ 秋の北陸旅行 その5
高岡と城端を結ぶ城端線乗車記 秋の北陸旅行 その6
城端ぶらり町歩き 秋の北陸旅行 その7
工業地帯から海へと続く氷見線乗車記 秋の北陸旅行 その8
高岡ステーションデパートがシンポルのJR北陸本線高岡駅 秋の北陸旅行 その9
路面電車の万葉線で高岡駅前から越ノ潟へ 秋の北陸旅行 その10
越ノ潟フェリーと如意の渡しで船旅気分を味わう 秋の北陸旅行 その11
市内電車、富山ライトレールという2つの路面電車が走る富山市内 秋の北陸旅行 その12←今ここ
富山ライトレールの終着駅、岩瀬浜周辺散策 秋の北陸旅行 その13
昭和のまま時が止まってしまったような富山シネマ食堂街 秋の北陸旅行 その14
高山本線富山ー猪谷間乗車記 秋の北陸旅行 その15
高山本線猪谷駅周辺の遺構と廃墟 秋の北陸旅行 その16

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録