富山ライトレールの終着駅、岩瀬浜周辺散策 秋の北陸旅行 その13

スポンサーリンク

秋の北陸旅行の3日目の午後は新しく路面電車になった富山ライトレールに乗って終着駅の岩瀬浜へとやってきました。

ライトレールの車内は高岡の万葉線の新型車量、アイトラムと比べると若干狭い印象を受けました。

しかし乗り心地は両者ともとてもよかったですよ。

ロングシートだけでなくボックス仕様の座席もあるので進行方向と同じ向きに座れるのがうれしいところです。

ライトレールの終着駅、岩瀬浜は歩いてすぐのところに海があります。

浜辺に行ってみるとビーチバレー用のコートがたくさんありました。

実はこの岩瀬浜には5年前にも来たことがあるのです。

その時はまだJRの富山港線で急行型の車両に乗れたことが思い出で、その時もこの浜辺へとやってきました。

5年前とほとんど変わらない景色で、変わったことと言えば岩瀬浜駅の駅舎がなくなってしまい、ライトレールとなったことくらいでしょうか。

そんなことを考えているといつの間にやら太陽が西の空へと沈みつつありました。

太陽が沈みきらないうちに岩瀬浜の町をもう少し歩くことに。

やはり海沿いの町ということで魚を干している家がありました。

またしばらく歩いていると大町新川町通り(旧北国街道)というところに出ました。

ここは明治初期に建てられた回船問屋が立ち並ぶ通りなのです。

すでに太陽が沈んでしまい真っ暗な中歩いたのですが、それでも富山港で様々な船が出入りしていた華やかな時代が想像できる通りでしたよ。

ここに森家という回船問屋だった建物を見学することができ、見学時間が若干過ぎていたものの係りのおじさんが丁寧に30分以上も独演会付きの案内をしてくれました。

たっぷり時間がある時にゆっくり訪れたい場所ですね。

この後再び富山駅まで帰り、この日の予定は終了です。

しかし、夜の富山駅前にはとっても魅力的な場所があるので、それは次回報告します。

秋の北陸旅行まとめ
グリーン車用北陸フリーきっぷを使って優雅に金沢へ 秋の北陸旅行 その1
江戸時代の雰囲気が残るひがし茶屋街 秋の北陸旅行 その2
ひがし茶屋街休憩館の井戸 秋の北陸旅行 その3
兼六園と長町武家屋敷跡 秋の北陸旅行 その4
紅葉が美しい岐阜県の白川郷へ 秋の北陸旅行 その5
高岡と城端を結ぶ城端線乗車記 秋の北陸旅行 その6
城端ぶらり町歩き 秋の北陸旅行 その7
工業地帯から海へと続く氷見線乗車記 秋の北陸旅行 その8
高岡ステーションデパートがシンポルのJR北陸本線高岡駅 秋の北陸旅行 その9
路面電車の万葉線で高岡駅前から越ノ潟へ 秋の北陸旅行 その10
越ノ潟フェリーと如意の渡しで船旅気分を味わう 秋の北陸旅行 その11
市内電車、富山ライトレールという2つの路面電車が走る富山市内 秋の北陸旅行 その12
富山ライトレールの終着駅、岩瀬浜周辺散策 秋の北陸旅行 その13←今ここ
昭和のまま時が止まってしまったような富山シネマ食堂街 秋の北陸旅行 その14
高山本線富山ー猪谷間乗車記 秋の北陸旅行 その15
高山本線猪谷駅周辺の遺構と廃墟 秋の北陸旅行 その16

写真はNikon D40xで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録