哀愁あふれる短歌が飾られた爽やかな詩の小路を散策する 夏の白馬・姨捨旅行 その3

スポンサーリンク

7月16日。
大糸線白馬駅の裏、線路から10数メートルしか離れていないところに詩の小径の入り口があります。

入り口からしてこんな気持ちのいい景色なので歩かないという選択肢はないでしょう。
田んぼの脇の小径のさらに脇には小川が流れています。

この水の流れる音を聞きながら歩くことができるというわけです。
水はきれいだし、せせらぎも澄んでいるしでほんのちょっとの時間でもすぐに心地良くなってきます。
この小道を少し進んだところに木の橋がありました。

橋を渡ると詩の小径からははずれて、川沿いが本道になります。
せっかくなので橋を渡って脇にそれてみましょう。

アジサイと鹿威し。
観光客向けに作った鹿威しなのでしょうが、廃材でさりげなく作られているのがいい感じです。

本道に戻ってみます。
この小路沿いにはスモモの木がありました。
そこで成っている実はなんと自由に取って食べてもいいとのことです。

うーん、これはまだ食べられませんねえ。

さて、この詩の小径の名前の由来ですが、木々に俳句や短歌などを書いた板が置かれていることにあります。

特に短歌がかなり哀愁を誘うもので、道の雰囲気とは正反対だったのが笑えました。
例えば上の短歌は「花びらの 押花作る ダンボール」。
路上のうただそうです。
このようなテイストの短歌がずらりと並べられているので、それらを読むというのもこの小路の楽しみかもしれませんよ。

しかし気持ちのいい道です。

この木陰で川のせせらぎを聞きながらおにぎりでも頬張りたくなっちゃいました。

そろそろ小路とのお別れの時間が来たようです。
ちょっと早いですがレンタサイクルを返却して本日の宿に向かうことにします。
その話はまた次回。

夏の白馬・姨捨旅行まとめ
車窓からは夏の風景が溢れていた特急あずさで白馬へ 夏の白馬・姨捨旅行 その1
白馬駅周辺をレンタサイクルでまわって、ちょっとだけ撮り鉄 夏の白馬・姨捨旅行 その2
哀愁あふれる短歌が飾られた爽やかな詩の小路を散策する 夏の白馬・姨捨旅行 その3←今ここ
ペンション ETERNAL FLAME(エターナルフレーム)の豪華な夕食 夏の白馬・姨捨旅行 その4
緑いっぱいな白馬のペンション地域を散策する 夏の白馬・姨捨旅行 その5
標高2060mの八方池を目指してゴンドラリフト「アダム」に乗る 夏の白馬・姨捨旅行 その6
ゴンドラとリフトを乗り継いで八方尾根自然研究路のスタート地点へ 夏の白馬・姨捨旅行 その7
ガスで視界が悪い中、八方尾根散策をスタートする 夏の白馬・姨捨旅行 その8
八方尾根の雪渓の下で生まれるもの 夏の白馬・姨捨旅行 その9
八方尾根で標高2000mを超えた時 夏の白馬・姨捨旅行 その10
八方尾根自然研究路のゴール地点は標高2060mの八方池 夏の白馬・姨捨旅行 その11
八方尾根トレッキングコースの復路も見どころいっぱい 夏の白馬・姨捨旅行 その12
戸倉上山田温泉の山風荘に宿泊する 夏の白馬・姨捨旅行 その13
戸倉上山田温泉の町を散策する 夏の白馬・姨捨旅行 その14
夜の篠ノ井線姨捨駅で夜景と花火見物をする 夏の白馬・姨捨旅行 その15
姨捨の山腹にある長楽寺の朝の風景 夏の白馬・姨捨旅行 その16
姨捨の棚田と篠ノ井線の電車 夏の白馬・姨捨旅行 その17
篠ノ井線と大糸線を撮り鉄してから旅が終わる 夏の白馬・姨捨旅行 その18

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録