車窓からは夏の風景が溢れていた特急あずさで白馬へ 夏の白馬・姨捨旅行 その1

スポンサーリンク

7月16日。
前日に新青森まで日帰り旅行をしてきたわけですが、その翌日である7月16日の午前中に新宿駅に来ていました。
今回は長野県の北部地域をたっぷりと味わおうというのが目的の旅行です。
まずは特急あずさでビューンと移動したいと思います。
10:09、新宿発白馬行き臨時特急あずさ55号に乗車。
高尾駅を過ぎて山の中を走るようになると、車窓は青い空と緑の山々で眩しいくらいになります。

中央線には色々な季節に乗車していますが、春の艶やかさ、秋の華やかさ、冬の寂しさとはまた違うこの夏の豊かな景色に一瞬も目が離せません。
小淵沢付近では八ヶ岳もくっきりと見えました。

松本駅からは大糸線に入ります。
大糸線には今まで一度しか乗ったことがなかったのですが、あの素晴らしい車窓は忘れることはできません。
爽やかな春空の下、大糸線に乗車する 春の青春18きっぷの旅 御柱祭編 その6(とくとみぶろぐ)
前回は春の景色だったので、今回は夏の景色を楽しむことにしましょう。
島高松駅と梓橋駅の間で特急あずさの名前と同じ梓川を渡ります。

実はこの写真に写っている川原から後日大糸線の撮影をすることになるのですが、それはまた後程のお話にしましょう。

しばらくすると列車は田園地帯の間を走ります。

中央線や大糸線は車窓から見る山々が楽しみのポイントではありますが、田んぼの緑も目に優しくて、眺めているだけで心地良さが増していきます。

北細野駅を通過する瞬間に駅名票をパチリ。

いやあ、夏ですねえ。
まだ7月中旬だというのにこんな夏風景に出会うことができるなんて予想もしていませんでした。
北アルプスの山々の列車内からよく見えました。

信濃木崎駅を過ぎたところで見えてくるのが木崎湖です。

ここから中綱湖、青木湖と続く仁科三湖は大糸線の車窓のハイライトでもあると思いますので、新宿方面からならば進行方向左側をお見逃しなく。

14:02、白馬着。

中央線、篠ノ井線、大糸線と続いた夏景色の車窓を見ていたら4時間という乗車時間はあっという間でした。
この景色だけでだいぶお腹いっぱいになりましたが、きっと列車を降りてからまだまだいい景色があるはずです。

とりあえず白馬の駅舎。

この駅舎のすぐ隣には白馬村観光案内所があり、その建物の中には白馬八方温泉の足湯があります。

真夏の暑い日でしたが、熱い足湯に入ってきましたよ。
駅を出てすぐに温泉を楽しむことができるなんてさすが温泉地ですね。
寒い季節ならばこの足湯で元気回復といくところでしょうが、夏なので逆にエネルギーをだいぶ吸い取られた感じでした(笑)

さて、白馬駅ではちょっと時間ができたのでレンタサイクルで駅周辺を探検しようと思います。
その話はまた次回。

夏の白馬・姨捨旅行まとめ
車窓からは夏の風景が溢れていた特急あずさで白馬へ 夏の白馬・姨捨旅行 その1←今ここ
白馬駅周辺をレンタサイクルでまわって、ちょっとだけ撮り鉄 夏の白馬・姨捨旅行 その2
哀愁あふれる短歌が飾られた爽やかな詩の小路を散策する 夏の白馬・姨捨旅行 その3
ペンション ETERNAL FLAME(エターナルフレーム)の豪華な夕食 夏の白馬・姨捨旅行 その4
緑いっぱいな白馬のペンション地域を散策する 夏の白馬・姨捨旅行 その5
標高2060mの八方池を目指してゴンドラリフト「アダム」に乗る 夏の白馬・姨捨旅行 その6
ゴンドラとリフトを乗り継いで八方尾根自然研究路のスタート地点へ 夏の白馬・姨捨旅行 その7
ガスで視界が悪い中、八方尾根散策をスタートする 夏の白馬・姨捨旅行 その8
八方尾根の雪渓の下で生まれるもの 夏の白馬・姨捨旅行 その9
八方尾根で標高2000mを超えた時 夏の白馬・姨捨旅行 その10
八方尾根自然研究路のゴール地点は標高2060mの八方池 夏の白馬・姨捨旅行 その11
八方尾根トレッキングコースの復路も見どころいっぱい 夏の白馬・姨捨旅行 その12
戸倉上山田温泉の山風荘に宿泊する 夏の白馬・姨捨旅行 その13
戸倉上山田温泉の町を散策する 夏の白馬・姨捨旅行 その14
夜の篠ノ井線姨捨駅で夜景と花火見物をする 夏の白馬・姨捨旅行 その15
姨捨の山腹にある長楽寺の朝の風景 夏の白馬・姨捨旅行 その16
姨捨の棚田と篠ノ井線の電車 夏の白馬・姨捨旅行 その17
篠ノ井線と大糸線を撮り鉄してから旅が終わる 夏の白馬・姨捨旅行 その18

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録